◆秋冬ファッション・巻物4種類とは?

巻物を楽しむには最適な季節に向けて、好印象なオシャレを演出するために
マフラー、ストール、ショール、スカーフ・・・それぞれの違いについて
お話しいたしますね。

 

こんにちは。好印象プロデューサー 原田眞里です。

 

何となくイメージはできるけど、それぞれどう違うのかな?
という方が多いと思います。

 

■マフラーとは?
首に巻く、細長い襟巻のことです。
主に防寒用に用いられ、毛糸を使用しているものが多いため、
生地も分厚く、冬に使うものです。

語で 「包む」「覆う」などの意味を持つ「muffle」から来ていると言われます。
男性でも女性でも、老いも若きも手軽に楽しめるアイテムですね。

110254

 

■ストールとは?
防寒用に使用するという用途はマフラーと同じですが、
ストールは大判で、肩からかけることを主な目的に作られたものを指します。

基本的には正方形が多く、対角線で半分に折り、
女性は肩にかけるように作られています。

最近は長方形も多く、色柄ともに豊富です。
細長くたたんだり、軽くねじったりして巻き方も工夫できるので人気です。
男性にも使う人が増えていますね。

薄手の素材を使用したものが多く、冬だけでなく春や秋に使用できる
オシャレで便利なアイテムです。
またウール、ナイロン、コットンなど、
女性がパーティドレスに合わせて羽織るものも含まれます。

110257

 

■ショールとは?
ストールよりもさらに大判サイズで、
肩に羽織る目的で作られたものです。

ストールとショールでは明確な違いはないようですが
大判でボリュームのあるものは
ショールとされることが多いようです。

四角形の場合は対角線で半分に折り、三角形の状態で使うのが一般的です。

基本的に、首に使用するものではなく、
肩にかけて、上半身の防寒用に使用することを目的としています。
和装のコート代わりに使われるものは大判なのでショールとなります。

110255

 

■スカーフとは?
こちらは前者3つとは明らかに違い、防寒などの用途ではなく、
企業イメージの統一表現の為、又は
純粋に装飾目的で使用されます。
飛行機のCAさんが首に巻いているもの。
といえばイメージしやすいですね。
「ネッカチーフ」とも呼ばれ、制服の一部として使用されたりします。

英語で「首」を表すneckに、ハンカチを表すchiefが
組合わさった言葉ですね。

スカーフの素材はシルクが主ですが、
ポリエステルやウール、コットン、麻など、素材も豊富です。

形は正方形が多く、折り方や巻き方を
上手に工夫してオシャレな演出ができます。

110256

 

以上が4種類の巻物の違いとなります。

 

巻物がお洒落を演出するアイテムとして、最近特に注目される理由は、
何と言っても色柄の種類が豊富だからです。
ウェアーはシンプル&ベーシックでも、
装いのアクセントとして変化を持たせるには
巻物はインパクトもあり、最強アイテムと言えるでしょう。

 

お顔の一番近くに位置づくアイテムですので
ご自分の顔色がキレイに見える色を選びたいですね!

ご自分の好印象を一番引き立てるのは、4種類の内、どれでしょう?
*どんな使い方が相応しいでしょう?
*どんな素材使いが良いでしょう?
*どんな色使いが好ましいでしょう?

色々と楽しんでみて下さいね!

好印象プロデューサーが教えるあなたのスター性を見つけて好きなシゴトで輝く秘訣好印象レボリューションメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事