痩せ見え、細見え、着映え、魅映えはこう作る

こんにちは、
好印象プロデューサー原田眞里です。

 

今回は、
体型的なお悩みを解決する
画期的な方法についてお話しします。

 

それは
《視覚的な錯覚効果をねらう目くらまし作戦》です!

 

猛暑の夏には、お洋服の分量も小さくしたい!
ですよね当然。

 

ノースリーブを着たいけど
「二の腕が気になるぅ!」という方。

好きなお洋服を着たいけど
「体型が気になる」「○○が大きい・小さいから!」
という方、とても多いです。

 

だいたい、女性で体型的なお悩みのない人なんて、
ほとんどいませんからね。

 

でも多くの女性達は、そのコンプレックスを
「克服しよう!」ではなく、
「隠そう・・・」とします。

 

若さ、という勢いで何でも着こなせていたのは遠い昔。

 

35歳を過ぎると、女性は
妊娠・出産というライフイベントを経て、体型も変化します。

それを何とかカバーしたい!
と思うのは、当然の心理と言えますよね。

 

でも「隠す」という後ろ向きなマインドを、
あえて「出す」「見せる」という前向きな発想に、

マインドシフトをして頂きたいと思うのです!

 

と言うのも、
体型的なお悩みをカバーするのは
《視覚的な錯覚効果をねらう目くらまし作戦》
だからなのです!

 

隠すところと、見せるところを上手く使い分ける。
魅力的な部分を強調して、
苦手な部分をカモフラージュする。

 

要は足し算と引き算を上手に使う、という考え方です。

 

体型コンプレックスと向き合って、
お洒落で好印象に魅せる。

 

そのための『目くらまし作戦』を、
これからパーツごとにお話ししてまいります。

 

さてどうすれば

体形を細く、好印象に魅せることができるか?
その具体的な方法をお伝えします。

手首、足首、鎖骨を出して「あら、痩せた?」

 

痩せて見せるためには
手首、足首などの細い部分を見せる!
華奢な鎖骨を出す装いをする!
それが一つの秘訣です。

 

たとえどんなに太っているとしても、
身体のパーツで比較すると細い部分が手首、足首です。
出すと華奢に見える部分が鎖骨です。

 

だったら、
積極的に出さないなんて勿体な~い!ですよね。

 

具体的にはこうします。

 

*トップスは、襟開きの広いものを着て鎖骨を見せる。

*シャツタイプなら、第2ボタンまで外せば鎖骨は見えます。
中にはキャミソールを着ましょう。

*長袖は袖口をまくって手首を見せる。
7分袖位がスッキリ&エレガントです。

ただ、肘の上までまくってしまうと
頑張ってるガテン系の人に見えるのでご注意下さいね。

*パンツは裾をロールアップして足首を見せる。

やや短めに履くと軽やかですよね。

 

たったこれだけの事ですが、あなどるなかれ!

細いパーツを「出す」ことで、細見え効果は確実です。
鏡の前でぜひやってみて下さいね!

 

秘訣その2は、夏に気なる二の腕問題のお話です。

出すことで、太さより長さを強調

 

「二の腕が太い!」とおっしゃるのは若い方が多く、
「二の腕がペリカン!」とおっしゃるのは、年齢の高い方に多いです。

 

この、太い=肉付きがいい、のは若さの証拠♪

ですので「恥ずかしい・・・」なんて言わないで、
夏には堂々と出しましょう!

その場合、上の画像のようなアメリカンスリーブで肩~腕を出し
太さよりも長さを強調するのが目くらまし方法です。
健康的だしセクシーでナイスでしょ?

 

さてこの二の腕。
エクササイズで引き締めることをサボると・・・

年齢と共に脂肪はどんどん柔らかくなり、ペリカン状態となります。

 

その場合、夏はベルスリーブがおすすめです。
今シーズン、流行ってますよね。

裾に向かってベルのように広がるデザインが、

二の腕を優しくカバーしてくれます。

もしくは、普通にドロップスリーブ
透け感のある素材だと、重くなくて好印象ですね。

 

一番安心なのは、袖切り替えのないドルマンスリーブ
こんな形です。

 

腕のシルエットは全く見えなくなりますが、
面積が広い分、重たい印象にならないように
素材や色を選んでくださいね。

 

 

秘訣その3は、ポッコリおなかのお話です。

ポッコリおなかはどこ行った?

 

多くの方が気になっているポッコリお腹・・・
それが消えてしまう?
着こなしの『目くらまし作戦』です。

 

実は私、今より10kg以上太っていた時期があります。
その時、本当にこれで悩んでました。
もしかして妊娠?みたいな(汗)

 

当然、ダンス用ドレスは思うように着こなせず・・・
なのでお悩みの気持ち、良く分かります。

 

体付きはわりと細いのに、ナゼかお腹だけがポッコリ。
そういう方、結構おられます。

 

便秘気味だったり、
慢性的な膨満感をかかえていたり。

ポッコリお腹の原因は、
健康面から見直すことが必要な場合もありますので

ご注意下さいね。

 

さて、このポッコリお腹でお悩みの場合、
目くらまし作戦はどうするの?
と言うと・・・

 

*カシュクールなど、
お腹周りに適度なドレープや、ギャザーが入ったもので
カモフラージュします。

*ボディフィットのスリムな服を着たい場合を除いて、
間延びして見えない程度の、ストンとした
縦長シルエットの服も良いでしょう。

またこのように
*ウエストにギャサーを寄せて、トップを適度にブラウジング
(ふんわり)させるとお腹は気になりません。

パンツの場合は、必ずお腹が
スッポリ隠れる長さのトップスと
コーディネートすると目立ちません。

 

このように、ポッコリお腹は意外と
簡単にカモフラージュ可能です。
ただ、一つ注意して頂きたいことがあります。

 

こうやってお腹周りを常に隠していると、
自分でも安心してしまい、食べたいだけ食べたりして
エスカレートする傾向にあるのがこのお腹問題です。

 

ある程度フィット感のある服を着るとか、
またお腹周りを出すことで気が緩まないように
自分で意識を集中させることが重要です!

 

好印象を作るには、常に意識することが大切。
気を抜かないようにして下さいね!