柔らかい印象の動作とスカーフ、ストールの使い方

布を使って柔らかい印象を表現したい場合や、
女性らしい柔らかさを動作で表現するには
バイアスに使うのがポイントです。
 
こんにちは。
好印象プロデューサー 原田眞里です。
 
 
「バイアス使い」「バイアス裁ち」
って耳にしたことありませんか?
これは布の地の目に対して斜めに使う事を言います。
 
バイアス
 
布地は通常、タテ糸とヨコ糸で織られています。
 
例えば服を仕立てる場合、
地の目を通して裁断すると
きちんとした印象に仕上がります。
 
それをあえてバイアスに使うと、
画像のように伸びるのでソフトで柔らかい印象に仕上がる
というわけです。
 
たっぷりした分量感のフレアースカートも
バイアス裁ちが多いです。
 
揺れる動きや
ソフトなラインを表現したい時
バイアス使いを意識すると効果的ですよ。
 
 
一番身近に使えるのは
スカーフ、ストールなどの巻き物ですね。
 
巻き物は基本バイアスに使いましょう♪
そうすることで女性らしく、ソフトな印象を表現できます。
 
例えば細長いストールの場合
地の目を通して折って巻くのと(左)
端っこの一角から、斜めに吊り下げる形で
取って巻くのとでは(右)
 
ストール
何か違って見えませんか?
右のほうがフンワリ見えますよね。
 
 
四角いスカーフを結ぶ場合も
地の目を通して折るのと(左)
バイアスに折って使うのとでは(右)
ソフトさが違いませんか?
スカーフ
 
 しかもバイアスに折るほうが、長さが出るので
その分、巻き方にも幅がでます。
 
 
そして実は・・・
動作にも同じことが言えるのです!
 
バイアスの仕草ってご存知ですか?
 
バイアス仕草とは=斜め使いの仕草
という意味で、私は勝手に
クロスアクションと呼んでいます。
 
好印象な女性らしさを表現する仕草のコツですね。
 
身体をひねったり、
腕や足をクロスさせることで
身体のラインがより引き立ち、
女性らしさを演出できます。
 
こんな感じに使います。
 
*対象から遠い方の手を使う
例えば右にあるものを取る時。
右手を使うのでなく
左手を使うことで
腕が身体の前でクロスになり
同時に身体がやや斜めになりますよね。
 
ちょっとした色っぽさの演出です。
物をわたす時。拾う時。
ピアスを付ける外す時。
髪をかき上げる時…なども同様です。
 クロス
 
 
 
*上半身で向き合う
座った時などは、顔と上半身だけ
相手と向き合うようにすると、
少し身体にひねりが入り
色っぽさを演出できます。
 
ただ、あくまでも
背筋を伸ばした状態であることが必要です。
 
 
*脚を組む
脚は揃えるだけでなく、
組むことでクロスのラインが出来、
脚のラインが美しく際立ちます。
 
椅子には浅めに腰かけて
足先を斜め前へ出すように浅く組むことで
脚長効果も期待できます。
 
脚を組む
 
 
 
このように布地も身体も、
斜め使いは柔らかい印象を表現
するのに重要なポイントです。
 
 
四角四面でなく、
様々な角度から物を見る、
考える、使う、表現する・・・
するともっと自由になれますよね。
 
 
好印象プロデュースプログラムでは
その辺りを具体的に学んで頂けます。
 
まずは「好印象スター診断」
ご自分の印象軸を見つけてみませんか?
 

 

 
 

好印象プロデューサーが教えるあなたのスター性を見つけて好きなシゴトで輝く秘訣好印象レボリューションメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事