アラフィフ女性の体型の悩みを魅力に変える!着こなしと魅せ方の法則

 
女性もアラフィフになると、体型的なお悩みを抱える方はかなり増えます。
ライフステージの変化や更年期などで
「若いころとは違う」という事実を実感するのもこの年代です。
 
体型変化に伴って「今まで着ていた服が似合わない」「何を着ればよいのかわからない」
「着こなし方がわからない」などと、様々な問題が出てきます。
 
アラフィフって、確かに若くはないけど・・・オバサン臭くはなりたくないのよね!
と思っておられる方がほとんどではないでしょうか?
もちろん、まだまだ!これからです。
輝かしいアラカンヌ世代を迎えるために、
今のうちに体型に関する様々な悩みを解決して頂きたいと思います。
 
今回は、体型のお悩みを抱える女性に向けて、
主に着こなし方と魅せ方を中心にお話を進めます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【目 次】
1. アラフィフ女性の体型の悩み
2. 体型が変化する理由
 *自分でできる体型チェックの診断方法
 *年齢やライフステージによる身体の変化
 *生活習慣が体型を作る
3. 体型とファッション
 *正しい下着の選び方
 *「目くらましの法則」とは
 *体型お悩み別着こなし方法
 *魅せ方の秘密
4. 体型とダイエット
 *食事制限なしで健康的に痩せる6つの方法
5. 体型キープの方法
 *ゲージ見本を持つ
 *人参ドレスを入手する 
 *見られる自分を意識する 
6. 体型とメンタル
 *女性であることをあきらめない

7. まとめ

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サロンに見えるお客様の、体型のお悩みとして良く耳にするのは

太った
・ウエストラインがどこかわからなくなった
・ボディラインのメリハリがなくなった
・ヒップが下がった
・筋肉が脂肪に変わった・・・です。
パーツで言うと
・ポッコリお腹
・ペリカンな二の腕
・太い脚
・大きいヒップ
・背中のお肉・・・というのがお悩みの上位を占めます。
 
なので何をどう着れば良いのか分からず、アドバイスを求めに来られる方が多いのですね。
ほとんどの場合それほど深刻ではないので、
チョットした着こなし方や魅せ方でかなり変化します。
 
ではそれらを詳しくお話しする前にまず、体型はなぜ変化するのか?についてお話します。
 
 
 

2.体型が変化する理由

20代をピークに、様々な意味で身体は年齢とともに変化して行きます。
また長年の生活習慣も影響します。
 
 

■自分でできる体型チェックの診断方法

その前にまず、ご自分の体型を把握しておきましょう。
チェックの仕方は、健康診断でもおなじみのBMIを参考にしてください。

 

*BMIの算出方法

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

標準値はBMIが22   25以上は肥満とされます。

 

適切な体脂肪率は:40~59歳の場合

やせ ~21%

標準(-) 22~28%  標準(+) 29~35%

軽肥満 36~40%    肥満 41%~

となります。(参考:ヘルスケア大学)

 

いかがですか?現状の自分を把握しておくことは重要です。

 

 
 

■年齢やライフステージによる身体の変化

女性には、身体が変化する様々なライフステージがありますね。
初潮、結婚、妊娠、出産、授乳、卒乳、そして更年期。
これらに伴って、身体も大きくなったり小さくなったり忙しい。
 
 
見える部分だけでなく、ホルモンのバランスだって変化します。
残念なことに、更年期には女性ホルモンが激減していきます。
女性ホルモンのエストロゲンはコレステロール値を正常に保ち、脂肪を代謝させる働きがあるので、エストロゲンが減る=太りやすくなる、という図式です。
 
また40代後半からは身体の筋肉量が減ってきます。
すると基礎代謝がにぶりエネルギーも燃焼されにくくなり、その結果太りやすくなります。いくらダイエットしても変化が少ないのはこの理由からです。
 
 

■生活習慣が体型を作る

ほとんど無意識に行っている日々の生活習慣が、実は今の体型を作っている
と言っても過言ではないかも知れません。特に
①食事
②運動
③姿勢は大きく影響します。
 
 
食生活のかたより
何を、どのように、いつ食べるか?
毎回きちんと意識的に食事をしていれば問題ないはずですが、
糖質過多で野菜が少ない。コンビニ食が多い。寝る前に食べる。食事が不規則・・・
このような偏った食生活では健康バランスが崩れ、さらに代謝が鈍ることになりかねません。
 
 
調理に使う食品の数はなるべく多くして、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど充分に取ることが大切です。
お菓子や清涼飲料水の摂りすぎはカロリーオーバーにつながり肥満の原因になります。
 
毎食、お腹いっぱいになるまで食べていませんか?腹八分目を意識しましょう。
早食いはNGです。しっかり噛んでゆっくり食べることも、食べすぎ防止につながります。
 
 
運動不足
忙しくて時間が取れない、運動は疲れるし面倒。そんな時間があったら睡眠に充てたい。
などと、ほとんど運動しない人はとても多いようですね。
 
下記の項目に心当たりのある人は、運動不足解消を心がけた方良いと思われます。
・事務職なのでほとんど座りっぱなし。仕事中はあまり歩かない
・休みの日は外出はせず、家でゴロゴロしていることが多い
・階段は使わずエスカレーターを使う
・汗をかくような運動は、最近した覚えがない
 
余分なカロリーを消費するためにも、代謝を上げるためにも適度な運動は必要です。
体力を消耗する運動ではなく、例えばウォーキングなど、無理なく継続できる
と言う事がポイントになります。
例えば、
・通勤は歩きやすいスニーカーを履いて一駅分歩く、なるべく階段を使うようにする。
・歯磨きしながらスクワットする・・・など
定期的な運動を生活習慣の中に組み込めるとベストですね。
 
 
姿勢が悪い
姿勢に関係するのが骨盤です。
良く「骨盤を立てましょう」と言いますが、これは骨盤の位置をニュートラルに保つと言う意味です。正しい姿勢にはこれが重要!(図中央)
 
 
骨盤がに倒れると、お腹が前に突き出てお尻が後ろに突き出る姿勢になります。(図左)
骨盤がろに倒れと、背中が丸まり頭が前に出る姿勢になります。(図右)
 
特に怖いのがこの姿勢です。なぜなら背中が丸まっているので、
骨盤の上に乗っている内臓が圧迫されて正常に機能しにくくなるからです。

パソコン作業、スマホ操作などで姿勢はどんどん猫背になりますので気を付けたいですね。

 
 
  

3.  体型とファッション

体型的なコンプレックスを魅力的に見せるには、大きく分けて2つの方法があります。
下着を正しく選ぶことと、視覚効果を利用することです。
 
 

■正しい下着の選び方

英語で下着のことをファンデーションFoundationと言います。
土台、基礎、を意味します。
下着は身体を保護する役割の他に、体型を整えて服をきれいに見せる為の土台作りに欠かせないものです。
 
補正と言う機能で、バスト、ウエスト、ヒップなどのラインを
無理なくきれいに整えてくれるものを選びたいですね。
 
補正効果が高いものに矯正下着がありますが、基本的に体を締め付けるものは
個人的にですが、あまりお勧めは致しません。締め付けはどこかに無理が出ますから。
自分の体に合ったサイズを確認したうえで、快適な着け心地で
かつ補正効果がある立体設計されたものを選ぶようにして下さい。
 
 
*ブラ
選ぶべきサイズが分からない場合は、アンダーとトップを専門店で測ってもらいましょう。
20代女性のバストは張りがあり、トップは高いですが、年齢を重ねるにしたがって下垂します。
80代女性のバストトップは下がっていますよね。
このようにバストは年齢が一番表れる部分です。
 
なのでトップの位置がなるべく高くなるように、肩ひもを調節して正しく着けます。
アンダーがしっかりフィットしているものであれば、肩ひもを調整しても大丈夫です。
 
カップの小さい方は、パッドを追加して豊かに見せましょう。
カップが大きい方は、コンパクトに見せる設計のものを選ぶと良いですよ。
 
 
*ショーツ、ガードル
ショーツはパンツにラインが響かないタイプを選ぶと良いですね。
ガードルは、下がって広がったヒップを上に持ち上げ、ポッコリお腹も引っ込めて
コンパクトに納めるためのものです。
 
タイトスカートやパンツのシルエットをキレイに見せる効果があります。
ヒップの持ち上げパワーがしっかりしていて、履いた時にウエストに食い込みがないものを選びます。
 
脚の部分はなるべく長い方が、太ももがスッキリ見えますよ。
下がったヒップ、ポッコリしたお腹をスッキリ見せるには欠かせないアイテムですね。
 
 
*ボディスーツ
ブラ、ウエストシェイパー、そしてガードルを一緒にして、
ボディラインをスッキリ見せるためのものです。
 
ポッコリお腹を引っ込めて、ボディラインをきれい見せるにはボディスーツがお勧めです。
バストとヒップのサイズバランスがあるので、色々と試着を繰り返して
快適と感じるものを選んで下さい。
 
タルタルしてきたウエスト周りをスッキリ収納できるので
シルエットの出るワンピースを着る時には欠かせないアイテムですね。
 
 

■「目くらましの法則」とは

視覚的な錯覚効果を利用して、体型コンプレックスを上手にカバーする方法を
私は「目くらましの法則」と呼んでいます。
隠すところと、見せるところを上手く使い分ける。
魅力的な部分を強調して、苦手な部分をカモフラージュする。そんな考え方です。
 
アイテム選びによる錯覚効果、着こなし方による錯覚効果、色使いによる錯覚効果など
色々ありますので具体的にお話します。
 
 
 
 
 

■体型お悩み別着こなし方法

それでは「目くらましの法則」を使った、体型お悩み別の着こなし方をお伝えします。
体型のお悩みで多いのがポッコリお腹、太い二の腕、太い脚、大きいヒップ、
大きい・小さいバストなどです。
 
*ポッコリお腹
ポッコリお腹をカモフラージュするには、
カシュクールなど、お腹周りに適度なドレープのあるデザインや、適度なギャザーが入ったものがお勧めです。
ウエストにギャサーを寄せて、トップを適度にブラウジングさせるとお腹は気になりません。
 
 
または間延びして見えない程度の、ストンとした縦長シルエットの服も良いでしょう。
パンツの場合は必ずお腹がスッポリ隠れる長さのトップスと合わせると目立ちませんね。
 
ただ、一つ注意して頂きたいことがあります。
こうやってお腹周りを常に隠していると、自分でも安心してしまい、
食べたいだけ食べたりして、エスカレートする傾向にあるのがこのお腹問題です。
ある程度フィット感のある服を着る。またお腹周りを出すことで
気が緩まないよう、自分で意識を集中させることが重要ですよ!
 
 
太い二の腕
二の腕が「ペリカン」「振り袖」だからどうにかしたい!と良く耳にします。
 
太い=肉付きがいいという場合。夏には堂々と出しましょう。
アメリカンスリーブで肩~腕を出して、太さよりも長さを強調するのも
一つの目くらまし方法です。
 
でも年齢と共に脂肪はどんどん柔らかくなり、ペリカン状態となります。
その場合はベルスリーブがおすすめです。
裾に向かって広がったデザインが、二の腕を優しくカバーしてくれます。
 
一番安心なのは、袖切り替えのないドルマンスリーブです。
お洒落をかねて、腕全体を全く見えなくする方法ですね。
 
 
 
 
*ボリュームのある下半身
ヒップが大きい・・・とお悩みの方は、女性らしい方に多くお見受けします。
女性らしい=腰が大きい(安産型)、というのは直結していることが多いようですね。
この方々は、下半身と比べると上半身が華奢な場合が多いです。
 
なのでボリュームのあるヒップを目くらましするには
トップにショールやストールなどの巻きものを使うなどして
上半身にボリュームを持たせると、下半身から視線を外せます。
 
アイテムとしては、落ち感のある素材を使った、程良く分量感のあるスカートがおすすめです。
フワフワした素材、張り感のある素材は余計ヒップが大きく見えますので注意しましょう。
 
 
パンツの場合はワイドパンツが良いでしょう。
細いパンツをはく場合は、ヒップが隠れる丈のチュニックトップと合わせるようにするとバランスが取れます。
腿が張っている場合は、ヒップが大きい場合と同じように考えます。
でも腰幅よりも腿が大きい場合、タイトスカートはオススメしません。
膝下丈のフンワリスカートで、膝から下の細さを強調しましょう。
はキュロットパンツがスッキリ見えます。
 
 
*大きい、小さいバスト
・小さい胸を大きく見せたい場合は
胸元にギャザーやタック、又はフリルなどのデザインのある服を選びましょう。
布の厚みが立体的なボリューム感を演出してくれます。
 
 
また、お袖にボリュームのあるデザインは、視線を胸から外しますので効果的です。
服がシンプルな場合は、ショールなどを巻いて胸にボリュームを出しましょう。
・大きい胸を小さく見せたい場合は
せっかくなので谷間を見せましょう!と申し上げたいところですが
目くらまししたい場合は薄手ニットなど、柔らかい素材の羽織もので
胸をふんわりカバーすると良いでしょう。
 
谷間を見せないまでも、大きい胸のボリュームをスッキリみせるには
なるべく襟開きの大きいトップスが正解です。
横に広く開いたボートネックや、大きく深めに開いたVネックがお薦めです。
また胸元にドレープのあるものは胸の厚みがカモフラージュできます。
 
 
 

■魅せ方の秘密

ここまで、下着を正しく選ぶことと、視覚効果を利用することで
体型コンプレックスを魅力に変える方法についてお話をして来ました。
さらにプラスして「魅せ方」のコツを知っておくと良いですよ。
魅力的に見せるには、服の組み合わせと色使いのバランスの他に、姿勢、表情、しぐさなども含まれます。
 
 
*細見え
たとえどんなに太っていても、身体のパーツで比較すると
細い部分が手首、足首です。そして出すと華奢に見える部分が鎖骨です。
それらを積極的に出すことにより、目くらまし効果で細見えします。
 
 
・トップスはなるべく襟開きの広いものを選んで鎖骨を見せる。
長袖は袖口をロールアップして手首を見せる。7分袖位にするとスッキリです。
・春夏のパンツは裾をロールアップして足首を見せる。など・・・
たったこれだけの事ですが、細いパーツを「出す」ことで細見え効果は確実です。
また服のコーディネート全体が細長いIラインシルエットになるようにします。
服そのものがIラインシルエットなら細長く、細見えします。
 
又は色使いで細長く見せることも可能です。
例えばワンピースの上に長めの羽織ものを重ねると、中心に細長いシルエットができまますね。これも「目くらまし」の一種、視覚効果です。
また写真を撮る時は、正面を向かず、身体をやや斜めにすると細く見えます。
 
 
 
*脚長見え
脚長に魅せるには、ボトムの面積を多く出します。例えばロング丈のスカートやパンツです。ハイウエストのデザインだとさらに面積は多くなりますね。
その際トップはインして、コンパクトに見せましょう。
 
スカート丈が短い場合は、必ずレッグウェアとシューズの色を合わせます。例えば、黒タイツ+黒シューズです。
そうすることで視線が途切れず、脚長効果が得られます。
 
写真を撮る時は、組む手の位置を下の方ではなく、ウエスト辺りの高い位置に持ってくると
これも視覚効果で脚長に見えます。
 
 
 
*若見え  
若々しく魅せるには下着を上手に利用することと、姿勢を意識することが重要です。
まず、自分に合ったサイズの相応しい下着でボディラインを整えましょう。
 
スッキリした身体でハツラツとした雰囲気を演出できると良いですね。
その為にも姿勢はとても重要です。猫背で顔が前に突き出た姿勢は老け見えの代表です!
常に胸を開いて、下腹に力を入れて真っすぐ立つように意識しましょう。
 
歩く時も同様です。膝を曲げたズルズル歩きは要注意です。
膝をのばして、やや大股で歩くように意識してみて下さい。
 
 
*美人見え 
たとえおブスでも笑顔が明るいと魅力を感じます。「色白は七難隠す」と似ています。
装いがどんなに素晴らしくても、無表情だったり、笑顔が全くなかったら魅力的とは言えません。
笑顔に自信がない場合は、常に口角を上げることを意識したり、表情筋を動かす練習をすると良いですよ。
笑顔には綺麗な歯並びも重要ですね。
 
またお顔を明るく綺麗に魅せるには、お顔周りに明るい色や白っぽい色を使うようにします。暗い色を持ってくると、お顔は沈んで見えるので注意しましょう。
 
 
写真を撮る時は、必ずお顔に光があたる位置で撮るようにすると、シワやくすみが飛ぶので効果的です。
 
 
*格高見え 
品が良く、格が高い雰囲気の女性っていますよね。
生まれや育ちは今更変えることはできませんが、しぐさを美しくすることは可能です。
品格はエレガンスです。
バタバタ、ガツガツ、アセアセ・・・せずにエレガントに振舞うこと。
エレガントに見えるようなしぐさ、動作を心がけましょう。
 
気持ちにゆとりを持つようにして、動く前に一呼吸おくと良いですよ。
 
 
 

4. 体型とダイエット

多くの女性は昔の体型を取り戻すためにダイエットに挑戦するわけですよね。

ダイエットには色々な方法がありますが落とし穴に気を付けて下さい。

と言うのは・・・

様々なダイエットを試してはリバウンドを繰り返す「ダイエットジプシー」になると
逆に痩せにくい体質に繋がることもあり得るからです。
健康的に痩せるには食事、運動、生活習慣の3つをバランスよく見直して下さい。
 
 

■食事制限なしで健康的に痩せる6つの方法

体型変化の原因の大部分を占めるのは食生活のかたよりと運動不足です。
食事のしかた、適度な運動というものを継続させるには、
ストレスなく当たり前の事としてできるように、毎日の生活習慣にしてしまうことが秘訣です。
無理にやる、継続するのに我慢が必要・・・となると続きませんよね。
 
こんなことを意識するうちに、自然に生活習慣として身に付くと思われる6つのことを挙げてみます。
 
 
1.よく噛んでゆっくり食べる
満腹中枢が刺激されるまでには、食事を始めてから20分はかかると言われるので、
早食いすると満腹感を感じにくく食べ続けてしまいます。
 
また消化を助ける意味でも、一口で30回以上噛むのが理想と言われます。
よく噛んでゆっくり食べることで満腹感、満足感を得ることができます。
 
 
2.食べる順番に気を付ける
ゴハン、パスタなどの炭水化物を食べる前に、果物、野菜から先に食べましょう。
穀物類、芋類を空腹時に食べ始めると血糖値を早く下げるためにインスリンが大量に分泌されます。
インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあります。
なので太りやすくなるというワケです。
 
 
 
3.食事内容を記録する
毎日口にする食べ物、飲み物などを記録しておくようにします。
すると本当に食べたかったのか?惰性だったのか?など、食べ方を振り返ることができるので
自然な形で余分なものを口にしなくなり、ダイエットにつながります。
 
 
4.毎日体重計に乗る
体重計は家にありますか?
例えば、毎朝シャワーを浴びる前とか時間帯を決めて体重計に乗る習慣をつけましょう。
3キロ、5キロと増えてからでは大変ですが
日々チェックすることで自己管理ができますし、1キロ増えた程度なら簡単に戻せます。
 
 
5.歩く、階段を上る
自然な形で適度な運動を習慣づけるには、歩く、階段を利用する
などから始めてはいかがですか?
良く言われますが、通勤時に一駅手前で降りて歩くとか。
エレベーターを利用するとしても階段と思って上ると良いですね。
 
 
6.充分に睡眠をとる
睡眠不足は大敵です!なぜかと言うと
睡眠が充分に取れていないと「グレリン」という食欲増進ホルモンの分泌が増えるからです。
また、睡眠中には成長ホルモンが分泌されるので新陳代謝が促進されます。
充分な睡眠は、ダイエットにも美容にもかかせない欠かせませんね。
 
 
これら6つのことを意識的に心がけて生活習慣になれば、
食事制限なしでも健康的に痩せることが可能です。
 
 
 

6.  体型キープの方法

健康的な心掛けが生活習慣となり、理想的な体型になれたら嬉しいですね。
そしてせっかく手に入れた理想的な体型は、是非ともキープし続けたいですよね。
そのための3つの方法をご紹介します。
 
*サイズ見本を持つ
理想的な自分のサイズの服を「サイズ見本」として取っておきます。
それを時々着てみると、体型がキープできているかいないかが分かる、という仕組みです。
 
特にスキニータイプのパンツ。細身のワンピースは参考になりますよ。
細身のパンツはヒップ、ウエスト、そして太ももの成長具合がわかります。
ワンピースはボディ全体のラインの変化がわかります。
当然、年齢とともにサイズは多少変化しますが、サイズ見本があれば大きな変化は防げます。
 
実際、私は20年前の見本をずっと使っていて、ほとんど変化はありません。
体型だけでなく、自分自身の意識のキープに役立ちます。
 
 
*人参ドレスを入手する
馬は人参が大好物。なので目の前にぶら下げられた人参が食べたくて走ります。
それと同じように「これ、着たい!」と思うドレスを自分に買ってあげるのです。
それを私は「人参ドレス」と名付けました(笑)
 
もちろん今のサイズではなく、若干小さめの目指すサイズを選んで下さいね。
そして見えるところに釣っておきましょう。
そうすれば、着るべき日に向けて「絶対着るぞ!」と頑張れますから。
かなり効果的なモチベーションになりますよ。
 
 
 
*見られる自分を意識する
最初は目立たないタレントさんでも、デビューして人の視線を浴びるようになると
どんどん磨かれて綺麗になっていきますよね。
やはり人から見られている、ということを意識するしないでは違いが出ます。
 
常に家にこもりっぱなし。家と職場だけの往復・・・
新しい人との出会いもなければ、友人との付き合いもほとんどない。
そんな冬眠状態から脱皮して、誰かと合う予定を作りましょう。どこかに行く計画を立てましょう。
そうすれば、まず「なに着よう?」「それなりに魅せなきゃ」ってなりませんか?
 
これら3つのこと、かなり効果ありますよ!
 
 
 

7.  体型とメンタル

自分自身を振り返って想う事ですが、女性の体型変化には結構メンタルが影響しているように思います。
 
人生はリズムです。様々なライフステージの中で暗礁に乗り上げることもあります。
私自身、人生のドツボにはまった時は生活習慣が乱れ、体型も変化しました。
そうすると誰にも会いたくない。どこにも行きたくない。引きこもり状態に陥ってしまいます。色んな事が面倒になって、なげやりになってしまうのですね。
不のスパイラルに巻き込まれそうになる。でも、それでは自分が哀れだと気付きました。
 
 
*女性であることをあきらめない
サロンに見える方々の中で「女性であることを諦めてました」とおっしゃる方がおられます。
いくら更年期とは言え「女性として終わってしまった」と思うのはあまりにもったいないですし、それは間違いだと私は思います。
 
女性であることを喜び楽しむのは、若い間の話だけではありません。
いくつになってもオシャレを楽しむ。人とのコミュニケーションを楽しむ。
あらたに何かにチャレンジする。それはいくつになってもできます。
 
女性である今の自分を認め、可愛がってあげれば、自然と楽しくなりますよ。
すると、そのマインドが身体にも反映してくるのです。
表情にも態度にも表れてくるのです。
 
着る服がないから出かけない・・・のなら、新しい服を買って予定を立てましょう。
美容院に行って髪を整えてもらいましょう。メイクをしましょう。
そして新しい服を着て鏡の前に立って、こう言いましょう。
「私ってかわいい♪まだまだイケる!」って。
 

 
 

8.まとめ

いかがでしたか?
もう若くはないから・・・と、半ばあきらめ気味だった方もおられると思いますが
50代はまだまだ若いです。素敵なアラカンヌとして還暦を迎えるための準備期間です。
 
今回は、50代女性が抱える体型的なお悩みと、
その原因となる生活習慣について最初にお話しました。そして
 
体型とファツションでは
体型的なコンプレックスを魅力的に見せる2つの方法として
下着を正しく選ぶことと、視覚効果を利用することを取り上げ、具体的な着こなし方をご説明しました。
またそれにプラスして、効果的な魅せ方についてもお話しました。
 
体型とダイエットでは
食事制限しなくても健康的に痩せる、生活習慣としての6つの方法について。
 
体型キープの方法では
ゲージ見本を持つ
人参ドレスを入手する 
見られる自分を意識する、というモチベーションキープに効果的な3つについて。
 
体型とメンタルでは

いくつになっても女性をあきらめない、というマインドが理想的な体型として

外に表れます、ということをお話しました。
 
実際、健康面での問題が体型変化として現れることもありますので
定期的な健康チェックは欠かせませんが、日頃のちょっとした習慣やマインドの持ち方ひとつでいくらでも現状を変えることは可能です。
どんな自分で在り続けたいのか?どんな幸せを感じたいのか?
それを現実にするかしないかは、全て自分次第なのです。
 
 
今回の、体型の悩みを魅力に変えるための着こなしと魅せ方の秘訣
少しでも参考にして頂ければ嬉しいです。
 
 
 

好印象プロデューサーが教えるあなたのスター性を見つけて好きなシゴトで輝く秘訣好印象レボリューションメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事